グルコサミンの副作用

グルコサミンの副作用は、
サプリなどで摂取している方にとっては気になる点ですね。

グルコサミンは、私たちの体内でも作られている成分ですし、
エビやカニ、ヤマイモなどの食品に含まれている成分ですから、
副作用が出る可能性が大変低いものとされています。

 

ただ、サプリに使われているグルコサミンは、
ほとんどのものがエビやカニなどの、
いわゆる自然なものから摂取されているものです。

ですから、甲殻類のアレルギーがある方は注意しなければなりません。

 

グルコサミンには、1日に摂取するべき目安となる量が定められています。
それは多くても1500mg程度というラインです。
これを超えて過剰摂取することによって、
体に不調をきたすことがありますので注意が必要です。

グルコサミンの副作用として、消化器系の異常があります。
例えば、ガスが出やすくなる、便秘や下痢の症状などです。

また、胃がもたれたり、胃に不快感を覚えたり、
吐き気がするようなこともあります。

 

ただしグルコサミンのサプリによる副作用は、
誰にでも現れるものではなく、人によって差があります。

胃が普段からあまり強くない、という方は、
摂取を控えるか、もしくはサプリを単独で摂取しないように工夫します。

例えば、食後に摂る、食事に混ぜて摂る、などの方法で胃に負担がかかるのを避けることができます。

 

グルコサミンの副作用が現れた場合には
無理してそのまま継続せず、すぐに服用を止めて医師に相談しましょう。

また、糖尿病にかかっている方は、
グルコサミン摂取によって血糖値が上がったり
症状が悪化する可能性がありますので注意が必要です。

 

というのも、グルコサミンはエネルギー源となる
糖分のグルコースに似たものだからです。

もし糖尿病の患者でグルコサミンのサプリを摂取する場合には、
医師に相談してから摂取するようにします。

関節痛にはサプリメント効果!関節痛が気になったらこのサプリ:サイトマップ

グルコサミンで関節痛を改善 グルコサミンの副作用 グルコサミンと
コンドロイチン
コンドロイチンの
効果

↑トップヘ戻る