グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンはとても相性の良い成分です。

コンドロイチンは体内にもともとある成分ですが、
年齢を重ねるごとに減っていきます。
そしてそれが関節や腰の痛みにつながるのです。

 

一度減ってしまったコンドロイチンを再び体内で作ることは
とても難しいため、サプリで摂取することができるようになっています。

そのときに、グルコサミンと一緒に摂取することで
効果が倍増するといわれています。

 

市販のサプリには、グルコサミンとコンドロイチンの
両方が配合されたものが多数あります。

グルコサミンもコンドロイチンもどちらも関節の周辺にある軟骨の成分です。

軟骨をこれらの成分で再び生成することで
関節をスムーズに動かすことができるようになります。

グルコサミンとコンドロイチンの違いは、
グルコサミンは皮膚を作る成分であるのに対し
コンドロイチンは骨を作る役割があり、
骨折したときには骨を再生させる働きがあるという点です。

 

また、グルコサミンはコンドロイチンと違って体内で生成することができる成分です。

ただ、年齢を重ねると生成できる量が減ってしまいます。

グルコサミンは体の中にあるうちは、
N-アセチルグルコサミンという状態になっています。
軟骨や皮膚を作るだけではなく、ヒアルロン酸も作り出します。

グルコサミンとコンドロイチンを共に摂取することで、
より関節の痛みを和らげ骨を健康にすることができます。

 

さらに、メチル・サルフォニル・メタンという成分を
一緒に摂ることによって、リウマチ性関節炎や筋肉痛、
炎症性関節炎などの痛みを和らげることも可能となります。

このメチル・サルフォニル・メタンは松のような針葉樹に含まれている物質です。

ちなみにグルコサミンはカニやエビに多く含まれています。

そしてコンドロイチンはサメの軟骨に多く含まれています。


関節痛にはサプリメント効果!関節痛が気になったらこのサプリ:サイトマップ

グルコサミンで関節痛を改善 グルコサミンの副作用 グルコサミンと
コンドロイチン
コンドロイチンの
効果

↑トップヘ戻る