グルコサミンで関節痛を改善

階段の上り下りや正座が膝の痛みのために辛くなることがあります。
また、冷えると関節が痛む、ということもあります。

このような症状は関節にあるクッションの役割を果たしている軟骨が
磨り減っていることによって起こる可能性があります。
これを変形性関節症と呼んでいます。

 

治療方法として、従来は手術、薬、サポーターなどが主流でしたが、
最近では軟骨の再生機能があるグルコサミンが注目されています。

グルコサミンはヨーロッパでは古くから薬として使われています。
グルコサミンは、関節痛を改善することができることがわかり、
日本でも研究・利用が進められています。

 

グルコサミンで関節痛を改善することができるのは、ある特定の疾患だけです。
グルコサミンによって改善することができるのは、
先ほども挙げた変形性関節症、肩関節周囲炎、慢性関節リウマチ、通風、
大腿骨顆骨壊死、化膿性関節炎です。

 

さまざまな関節に関係している疾患がありますが、
一番痛みやすいのは体の部分の中でもやはり体重を支えている膝です。

日常生活で膝を使う機会は階段などとても多いため、特に痛めやすいのです。
痛む場所や症状は人によって差がありますので、
痛みがあればまず医師に診断してもらいます。
それからグルコサミンで改善をはかるのが良いでしょう。

 

それから、グルコサミンを摂取するだけではなく安静にする必要もあります。
グルコサミンはヤマイモやカニ、エビに含まれていますが、
関節痛の改善のために必要な量をこれらの食品から摂取するのは大変です。
最近は、関節痛改善のためのグルコサミンのサプリも市販されていますので、
このようなものから摂取すると良いでしょう。

特にコンドロイチンが配合されているものが効果が高いといわれています。

関節痛にはサプリメント効果!関節痛が気になったらこのサプリ:サイトマップ

グルコサミンで関節痛を改善 グルコサミンの副作用 グルコサミンと
コンドロイチン
コンドロイチンの
効果

↑トップヘ戻る