コンドロイチンの効果

コンドロイチンは、細胞と細胞をつなぐ働きを持っています。
また、水分や弾力性を維持する働きもあります。

私たちの体の中にコンドロイチンは存在しているのですが、
年齢を重ねるにつれてその量は減っていきます。

一度失われたコンドロイチンを体内で作ることは
それほど容易にできることではありませんので、
サプリなどで補給する必要があります。

コンドロイチンを補給することによって、
関節が柔らかくなるため動かしやすくなります。

関節にある軟骨に水分と栄養分が補給されて丈夫になるからです。

さらにコンドロイチンは軟骨の材料にもなります。
また、細胞が潤いを保つためにお肌にハリが戻ります。

お肌に良い成分といわれているコラーゲンを保つ働きも持っています。
美肌づくりにも効果があるというわけです。

コンドロイチンの働きとして、関節痛の緩和があります。

コンドロイチンが骨と骨が直接ぶつかりあうのを
防ぐ役割を持っているため、関節を動かしても痛みを感じなくなるのです。

そして関節が滑らかに動くようになります。

関節の痛みといえば膝に多いのですが、
コンドロイチンは膝関節だけではなく、腰痛や肩こり、
椎間板ヘルニアにも効果を発揮します。

コンドロイチンの効果として、骨の形成があります。

骨はコラーゲンとカルシウムがくっついてできるのですが、
コンドロイチンがこの二つの成分をつなぐ役割を果たします。

また、細菌の感染を防ぐ効果もあります。

コンドロイチンの効果は細胞と細胞をつなぐことですが、
細胞間に隙間がなくなるためウイルスや細菌が体内に入りにくくなります。

血液の中のコレステロールの量が増えるのを防止し、
コレステロールの血管の壁への沈着も防いでくれます。

健康を保つためにコンドロイチンは必要な成分なのです。

関節痛にはサプリメント効果!関節痛が気になったらこのサプリ:サイトマップ

グルコサミンで関節痛を改善 グルコサミンの副作用 グルコサミンと
コンドロイチン
コンドロイチンの
効果

↑トップヘ戻る